樹の下に生まれたジン

樹の下に生まれたジン

「香港」をダイレクトに表現するために、KitとJosephは地元の農業者や仕入れ先と緊密に協働し、1年以上もの期間根気強くさまざまなボタニカルのブレンドを試し続けた。そしてついにその複雑な香港の香りを絶妙なハーモニーとバランスで表現し、香港の身も心も完璧に捉えた究極の一本が完成。それは、一隻の小さな船のようなジン。花の香りが夏風に漂う、色とりどりの香港の街へと出航する。 伝統的香港からインスピレーションを受けたボタニカルは、クラシカルなジンの基本テイストと見事に調和し、「白蘭樹下」の華麗で爽やかなアロマを生み出す。「白蘭樹下」は、世界に登場してからというもの、世界中の主要な大会で毎回受賞し続けている。

主な受賞歴

  • 2020 World Gin Awards
    Best Design Label
  • 2019 Gin Masters Asia (UK)
    Gold
  • 2019 World Gin Award (UK)
    Best Contemporary Dutch Gin
  • 2019 International Wine and Spirits Competition (UK)
    90 pts
  • 2019 Gin Masters (UK)
    Silver
  • 2019 China Wine and Spirits Association
    Double Gold
  • 2019 SIP Award (USA)
    Platinum - Best Of Class (Gin)

白蘭の花

白蘭の花は、「パフュームの木」の愛称で親しまれる、香港在来種の常緑樹。時代の移り変わりを常に見届けきたこの白蘭の木の香りが、香港の物語を包み込む。

夏になると、白蘭の爽やかな香りが香港の街に漂う。優雅でありながら謙虚な花だ。街角で白蘭の花を売るおばあさんたちは香港の夏の風物詩とも言える風景であり、香港人の生活に根付いている。一方で、この花で抽出するエッセンシャルオイルは、世界で最も高価なオイルのひとつで、世界のトップランクの香水に多く使用されている。

一般的なブランドのジンにはドライボタニカルが使用されることが多い。というのも、繊細な白蘭の保存期間はとても短く、約6〜7時間常温に置くだけで枯れ始めるからだ。しかし「白蘭樹下」は、白蘭の最も爽やかな香りを抽出するため、新鮮な白蘭を使用することにこだわり続けた。現代において、農産業はほとんどが既に香港から撤退しており、ローカルで品質の優れた白蘭を安定的に確保することは困難を極めると共に、大きな挑戦だった。約1年間の検討を重ね、ようやく台湾の有機花農園から調達するという答えに辿り着いた。

白蘭の物語に耳を傾けよう

白檀

「香りが漂う港」の意で命名された香港。その昔香港の港が、香料やアロマ材料を世界各地へ送り出す中継港として活躍していたことに由来する。まさに、「香りの港」だ。その多くの香料の代表としてインドの伝統的な「白檀」がある。それは神聖な香りとして奉られることが多く、香港の廟に足を運べば、今なお立ち込める白檀の香りを感じることができる。

かつて歴史の中で港から町中に溢れていた白檀の香りは、香港に「香りが漂う港」という名前をもたらし、そして今もなお香港の廟でよく使われている。創業100年を超える「永利檀香」の白檀で、「白蘭樹下」に歴史の香りを織り混ぜる。

白檀の物語に耳を傾けよう

15年の陳皮(チンピ)

夏の香港を歩くと時々、陽だまりの下に干されている金柑の皮を目にする。中国語では「陳皮の価値は黄金に等しい」ということわざがあり、陳皮を漢方薬の原料としてに大切に扱っている。KitとJosephがたどり着いたのが、地元で50年ほどの歴史のある「同昌海味」。家族代々、3代にわたり継承してきた貴重な陳皮を、「白蘭樹下」に投入。

「1971年に創業したが、うちの家族がこの業界に関わり始めたのは実は100年以上も前のことだ。伝統では主に中国酒の下味に使われているが、ジンに使われたのは初めてだ。」「同昌海味」の3代目・李漢興が微笑みながら語った。陳皮は、熟成で皮の苦味が柔らかくなる。試行錯誤を繰り返した結果、陳皮が持つ柑橘の香りと味を完璧に引き出すために必要な時間は、15年の熟成とわかった。「一般的に、陳皮が古ければ古いほどいい香りが出せると誤解されているが、それは必ずしも正解ではない。熟成した陳皮は、見てわかるもんではない。少し崩してから、香りが解放されるのだ。」

ジンは一般的にシトラスの風味が含まれ、レモンやグレープフルーツの皮がよく使用されている。ここでは、オリエンタルで定番のシトラス材料として、陳皮を採用した。金柑の苦みは、長い熟成時間によって柔らかくなり、柑橘の甘い味だけが残されている。南中国の文化では、陳皮は漢方薬や料理の味付けとしても伝統的に使用されている。

陳皮の物語に耳を傾けよう

龍井茶

香りが際立つ、甘い龍井茶。「物心ついた時から、お茶の世界にいた。」と笑った陳政建は、このボタニカルを仕入れた「茗香茶莊」の3代目。「創業は1963年、父がお茶を自転車に乗せて販売したことが始まりだった。そして2人の先生に出会い、いいお茶を作る原理原則を教えてもらった。」父から子へ、お茶作りのノウハウが受け継がれ、今日「茗香茶莊」は最高品質のお茶を販売する店となった。「白蘭樹下」のベースとなる龍井茶もそのひとつだ。

「うちの龍井茶は、新鮮さが有名だ」と陳政建。香港に50年以上の歴史があるこの伝統的な茶問屋で高級な龍井茶を厳選し、力強く香ばしいベースをこのジンに与える。そして「白蘭樹下」のすべての材料は、同様に厳選されている。

龍井の物語に耳を傾けよう

当帰(カラトウキ)

セイヨウトウキ(アンゼリカ)は、ジンのさまざまな味わいを調和させ纏め上げる、大事だがあまり言及されない伝統的なジンの材料。その代わりに、独特な温かみ、土のような味わいや甘草の香りを持つカラトウキを採用。漢方のアロマの香りで、長い余韻を創り出す。

香港の小さな地元製造や家族ビジネスと手を組むことが、「白蘭樹下」において大切な要素。これらのボタニカルは、常に安定したクオリティが不可欠であり、歴史のある仕入れ先達がそれを確固たるものにしてくれる。家族ビジネスが、世代を超えて守り続けてきた素晴らしい味わいを、世界中に届けたい。これは、香港から始まる味覚の旅。

味わいの産地を巡ろう

香港
インドネシア
インド
ウズベキスタン
ウクライナ
トルコ
ボスニア・ヘルツェゴビナ
モロッコ
グアテマラ
台湾
  • 白蘭の花

  • 15年の陳皮(チンピ)

  • 龍井茶

  • 当帰(カラトウキ)

  • シナモン

  • 白檀

  • 荽芫籽

  • 甘草

  • レモン皮

  • グレープフルーツ皮

  • ジュニパー

  • オリス・ルート

  • グリーン・カルダモン・ポッド

  • 白蘭の花